SITE NAVI
このエントリーをはてなブックマークに追加

スワップ金利とは

資産運用にFXは最適
スワップの事を簡単に言えば、2通貨間の金利差の事を指しています。
このスワップ金利は利益として受け取る事ができるものです。
FX取引を行なった場合、買値と売値の差額の他にスワップ金利も受け取る事になります。
スワップ金利の算出方法の具体的な例を米国ドル/円で示すと、「米国の政策金利4.5%−日本の政策金利0.1%=4.4%」となり4.4%スワップ金利となります。
これをレート80円で1万通過の取引をした場合、「(英国ドル1万通貨800,000円×4.4%スワップ金利)÷1日当り365日」となる96.4円のスワップポイントなり96.4円を受け取る事ができます。
但し、スワップ金利に関してはFX業者によって設定している政策金利が異なる事があるので、FX業者を選ぶ時はスワップ金利の政策金利をどの様に設定しているか確認する事も選ぶ時のポイントなります。
FX取引の事を買値と売値の差額を利益と受け取る事も思っている方が多い多いようですが、他にもスワップ金利を目的として取引を行なう方法もあります。
スワップポイントを狙うトレードスタイルと言います。
一般的な取引とスワップポイントを狙う取引を比較した場合のメリットは、リスクが少ない、日々の情報収集する必要がない等のメリットあります。
リスクが少なくなる理由としては、相場の変動ではロスカットしないようなレバレッジで取引をするので、低リスクで取引できるといえます。
情報収集に関しては、短期間で取引をするのではなく、日々の細かい情報は必要ないといえます。

関連記事