SITE NAVI
このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者が損をしない為には

資産運用にFXは最適
初心者は相場変更して、損となった時に、相場が逆方法に向いて利益に転じると考え、相場の様子見と決め込み決済の決断を遅らす事が多いようです。
相場の予想は専門家でも推定する事が難しく、ましてFX初心者が相場を予測するのは相当に難しいものです。
初心者が損をしている時に、決済をしないのは、大きな損失を出す事になりかねないので、できるだけ早く決済する事が大事となります。
初心者は相場を予測するのが難しい事を前提として、損をしないための取引方法としては、損できる範囲を決めてルール化する事です。
仮に、損の許容範囲を10万円とルール化した場合、相場が変更して10万円の損を超えそうな時は何も考えずに決済を行なう事です。
このようにルール化する事で損する金額を自分の許容範囲内に留める事ができ、大きな損となる事を回避する事ができます。
許容範囲は、損をして生活に困らない位の金額を設定する事で、損金を支払っても生活に影響がでない位とします。
FX取引をしている方の中には、決済の決断ができなくて大きな損をして、生活する為に借金をして補った方もいるようです。
FXをして新たな借金をするのは、FXを行なう意味が無くなるので、初心者は許容範囲を明確にしてルールを絶対に守る事が大事です。
最近は、主婦の方がFXを行なう方は多くなっていますが、決済の決断をできずに大きな損をした話を多く聞くので、主婦の方は、許容範囲をルール化して、ルールを厳守する事が大事です。
外国為替は元本が保証されるものでは無く、大きなリスクを抱えている事を認識して始め、ルールを設定してリスクを最小限に止める事が大事です。

関連記事