SITE NAVI
このエントリーをはてなブックマークに追加

決済の判断は早めに

資産運用にFXは最適
過去のFX取引を振り返ると、大きな利益をだした時は、決済の判断を早めに行ない取引をした時ではないでしょうか。
FXの取引を行なっている方は、誰でも決済の判断をする時は迷うものです。
FXに関する様々な情報を簡単に入手する事ができるので、なおさら迷う事が多くなるようです。
しかし、利益がでる時は利益が少なくなるといった影響なのでさほど問題にはなりませんが、逆に損をしている時の決済判断を誤ると、損を拡大させる事になるので、早めに判断する事が大事となります。
判断ができない時は、もう少し様子を見ようと考える事です。
相場変動の予想を的確に行えるような情報や経験があるのであれば、様子を見る事も必要かもしれませんが、FX初心者の場合、相場を的確に予想できると限らないので早めの決済が必要です。
仮に、様子見をして良い方向に相場が変動する事があるかも知れませんが、これは偶然に過ぎないと考える方が正しいと言えます。
決済を早めに判断する方法としては、自分のルールを設定する方法があります、ルールとは、損しても良い許容範囲を決める事です。
この許容範囲を決め、許容範囲を超えた場合は、早急に決済すると、損が自分の考えている範囲内で納める事ができるので、大きな損をする事がなくなります。
利益に関しても同じ様に範囲を決めていると良いです。
相場変動には波があり、波の頂上は予測しにくいので、もっと利益がでると思い様子見をしていると急激に下がり利益がなくなる事があるので、利益と損の範囲をルール化する事がFX初心者には必要な事です。

関連記事